読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわふわぷかぷか

ハロプロを中心に思ったことを書き留めます。

道重再生公演に行ってきました

道重さゆみさんの『SAYUMINGLANDOLL~再生~』の3月23日、27日、29日のレイトショーに行ってきました。

何か言うのも野暮なくらいに素晴らしかったです。

さゆにはカリスマがあるなぁとしみじみ。会場が大きくないので(客席はせいぜい200人くらい?)、さゆから客は文字通り全員見えていて、コットンクラブの空間のすべてにさゆのオーラがなみなみ充満していました。私にとっての初日である23日は私が風邪明けで体調があまりよくなかったのですが(周りの席の人と道重さんに本当に申し訳なく思います)、場がさゆの本気に支配されていてステージ中は咳払いもできませんでした。それだけ圧倒的でした。

途中でさゆが客席を動き回るところがあるのですが、ただでさえ席とステージがとても近くてこんなにチケット安くていいのかと思っていたのにさゆが目の前まで来てぴょこぴょこ動くものですから本当に感動しました。

3日間通うなかで私の座席は初めはステージの真横に近かったのが徐々に正面寄りになりました。何度か行われるイリュージョンは真横から見てもタネが見えず興をそがれることがありませんでした。むしろ初日に真横から見て彼女たちのパフォーマンスの水準を知り安心や没入が深まりました。公演の内容が分かってきた2日目3日目にはステージが俯瞰的に見やすい位置になり新しい発見があったりして毎回飽きませんでした。

飽きないと言えば、さゆの髪型、毎日違いました。23日の公演の最初にはうさちゃんヘアーをしていて、「ああっさゆだ……!」とそれだけで泣きそうでした。はじめて間近でさゆを見たとか2年半ぶりの道重さんだったとかいう要素も加わってかもしれませんが、3日間のすべてを通じてあの最初の髪型がいちばん好きでした。 

「雑記事」のタグをつけて思いつくまま適当に書きつけましたが結構な字数になりました。それだけ盛りだくさんな公演だったということです。 

いま再生公演でやっていることが道重さんのしたいことなのかは私たちにはわかりませんが、今後はいまの公演のように、メジャー路線ではなく身の丈に合って地に足がついた活動、自分のしたいことをぼちぼちやってくれたらいいなあと願ってます。